<< 雨上がりの夕方の空 文化の森 ウォーキングメイトと歩こう >>
舞台を見に行きました。

楽しみにしていた 眉山を見てきました。

c0157609_16324711.jpg

 
          さだまさし 原作の「眉山」 

             宮本信子 (母 龍子)            
             黒谷友香 (娘 咲子)


        東京の旅行代理店で働く咲子(黒谷友香)は、
        故郷の徳島で一人暮らす母・龍子(宮本信子)が末期癌で数ヶ月の命と告知される。
        徳島に滞在し、母を看取ろうと決心した矢先、咲子は母が
        自分にだまって「献体」を申し込んでいたことを知る。     なぜなのか?
        やがて咲子は、まだ会ったことのない父の存在と、母の想いに辿り着く。
        母のある願いを叶えるために、咲子は母を熱狂の阿波おどりに連れ出す・・・。
        毅然と生きてきた女性の切なく苦しい愛が胸を打つ感動作! (パンフレットより)

          
          本を読み 映画もみましたが、やはり舞台は 迫力があって良かった!
          宮本信子さん 女性としていい年を重ねている感じでステキ!  凛とした役がお似合いです  
          阿波踊りの場面では、総勢30人の踊り子、凄く上手い!
          よくよくオペラグラスで見ると、熊谷真美さんの男踊り 素晴らしい! 阿波っ子顔負けです。
          う~ん 好みの問題ですが、咲子の恋人役が・・・・
                 (ちなみに 映画では大沢たかおさんでした)

            日常から離れて、素晴らしい舞台鑑賞が出来て いい一日でした。
[PR]
by sumire-ms | 2009-09-12 17:34 | ちょつとお出かけ・散歩 | Comments(9)
Commented by m&n at 2009-09-13 15:30 x
いいな、いいな。
徳島ではなかなか芝居は見られないからよかったね。
Commented by sumire-ms at 2009-09-13 16:34
そうなんです。
久しぶりの観劇でした。  よかったあぁ~です。
Commented by fuchan_k at 2009-09-14 11:09
ひと足 早い芸術の秋を堪能でしたか。
特等席なら、見応え充分だったでしょうね。
Commented by sumire-ms at 2009-09-14 19:11
fuchan_k さん 今日は
本、映画、CD、と、見てきましたが、舞台は、やはり迫力があっていいですね。
メガネ、オペラグラス、の助けを借りて じっくり見てきました。
Commented by dear.mam at 2009-09-15 23:05 x
お久しぶりです。  眉山の観劇よかったみたいですね。  私も小説、映画とエキストラ(桟敷のシーンに参加してみました。うふっ)と見たので舞台は行かなかったんですよ。   でもどんな風になるのかやっぱり見てみたかったなって、今後悔しています。      たっぷりお話聴かせて下さいね。      
Commented by SUMIRE-MS at 2009-09-16 20:41
dear.mam さん 今晩は
ワァオ エキストラに参加されましたか? それはいい経験でしたね。
原作とは、 勿論 映画も、舞台も違っていますが、それぞれによく表現出来ているなぁと見入っていました。
癖になって、次は何かないかと気になります。 残念ながらこちらでは、機会が少ないですね。
Commented by yado at 2009-09-23 20:37 x
さだまさし原作の舞台 眉山 が、NHK教育 テレビで、
放送される?? みたいですよ。こちらも要チェック?ですね。

NHK教育 劇場への招待 「眉山(びざん)」
2009年9月25日(金) 22:30 から 25:00 まで

どこのを収録だろう・・・
Commented by sumire-ms at 2009-09-23 23:05
yado さん今日は
教えていただき有難うございます。 もう直ぐですね。
徳島の公演が最後でしたが、撮影の様子はなかったので どこか都会ですね。
25日 楽しみです。 
 
Commented by Cialis online at 2018-04-18 18:43 x

Excellent advice. Thanks.

We like it safe cheap cialis http://kawanboni.com/
<< 雨上がりの夕方の空 文化の森 ウォーキングメイトと歩こう >>